ゼファルリンを使うということはDNAを残すために存在している

男性がゼファルリン(精力増強剤)を活用する最大の理由はなにか???

 

自分がなぜ生きているのか考えたことがありますか?私はあります。これは答えはでません。様々な価値観考え方で人は物事を判断するため、これが正解だというのは本人にしかわかりえないものです。そのことで、悩み苦しみ、時には頭が狂うほど考え、自殺してしまう人もいます。個人的には生きている意味を考えること自体、重要なことだとは思いますが、それにまどわされてはいけないと思います。もちろん最終的なその人の意思として判断されたのであれば、それは尊重しなければならないとも思います。

 

ただ、自ら死を選択するのは生物の中で唯一人間だけです。そんなことになるのは恐らく人間の知能が高く、考えすぎてしまうことが挙げられます。生きる意味なんてものはなく、ただ食べたい、眠りたい、歩きたい、女の子と話したい、セックスしたい、そんな原始的な欲求でいいのではないでしょうか?それを繰り返すことで、人は生まれ活かされ死んでいくのではないでしょうか。

 

男性の最大の欲求はセックスをして自分の子孫を残したい、それに尽きるのです。現代だと法治国家として整備されているため、一定のルールの上で生きています。そのルールには欲求をコントロールする必要があります。そのため、本質的な欲求が制限された世の中が現代です。結論として人間は食欲・睡眠欲・性欲を満たすために生きる他の動物となんら変わりのない生き物です。

 

ゼファルリン購入検討のカップル

ゼファルリン発見!

 

非常に大事な欲求は性欲です。もちろん食欲や睡眠欲も重要ですが、それは生きるためのものです。性欲だけは次世代に自分の遺伝子DNAを遺すために備わったものです。男性には特に自分の遺伝子を遺さなければならないという考えが根本的に備わっています。それにより、より強固な子孫を残し、環境の変化にも耐えれるよう生物は進化します。人間の場合は生きるために脳みそが発達したため、身体的な進化はあくまでもその脳みそをサポートしやすいように変化しただけです。そのため、非常に環境の変化で対応できず、死んでいくのは人間と思われています。恐らく身体的な忍耐は非常にもろいと考えられます。人間の場合は自分が耐えるのではなく、耐える方法を別の形で生み出すことに長けています。

但し、本質的なことを忘れてはいけません。人間にとって生きることは惰性ではなく、他の動物と同様で、自分のDNAを遺すことのみです。それ以外のなにものでもありません。

 

それを忘れてしまっていることで、人生により多くの意味を求めてしまうのが現代人の特徴ではないでしょうか。他の動物は自分が生きる意味をしっかりと理解し、遺伝子を残そうと必死です。人間以外の生物はDNAを遺したいがため、必死にメスにオスがアプローチします。レイプまがいもあるでしょう。ただ、それが本質的で当たり前のことなのです。(もちろん現実社会でも犯罪はNGでこれは本能的な話なので、あまりふかくつっこまないようにお願いします。)

それゆえもっと、今の人間いや男性も本質的にならなければならないでしょう。 それが男なのです。男が男であるためには常にセックスをして、遺伝子を残したいと考えなければなりません。

ゼファルリンを使ってできた子供

 

人間は快楽でもセックスをする生物です。そのため、他の生物と比較してもDNAを残すという考えが気迫となります。 但し、DNAを残すためにサポートする技術(医療や製薬剤、精力増強剤のゼファルリンなど)を持っていることが非常に他の生物に比べ、優位な存在です。

これはDNAを残すために必要な技術として会得したといえます。具体的には男性の勃起不全の改善にできる可能性があるゼクノリンが良い例です。ゼクノリンは勃起不全解消に非常に効き目のある精力増強剤です。男性のペニスが勃起をしなければ、セックスすることは不可能です。そのため、男性はペニスこの勃起に必要な補助的な薬剤を研究して作ったのです。この画期的な発明により、男性力が貧弱な人々も、DNAを残す可能性が高まったと言えます。

 

この発明は人間の男性が女性に対する一種のアプローチのようなものです。また、不妊治療も同様で、決して他の動物は同じ事を行う事は不可能です。 人間の進化の過程では考える事が一番発達したことで、他にはない圧倒的な優位性が身に付いたのではないでしょうか?人間のこの素晴らしい技術力により、地球のどの生命体よりも繁栄したのでしょう。今後の未来に関しても人間以外の生物が繁栄することは難しい程の差と言えます。

人間の男性も他の生物と同じで、DNAを残すために生きています。これは不変の真理です。 遺伝子を残すために、ご飯を食べ、寝て、セックスをします。

 

そう考えると本質的に未来永劫繰り返されるのは、DNAを残すために必要なのはセックスであり、それを行えるように男性はペニスを活用できる状態に維持し続けなければなりません。 現代社会はストレスが非常に多く、物事の本質を忘れがちになります。ただ、本能のあるがままにペニスを起たせるには精力増強剤を活用することが人間の男性の強みと言えましょう。勃起不全でセックスができなくなっても、ED薬であったり精力増大サプリのゼファルリンを活用することができます。 例えば、女性が妊娠が難しい場合でも妊娠できるような医療を研究し続けます。男性女性関係なく、DNAをいかに残すかをひたすら考え続けるそれが人間であります。 人間の生とはあるがままに素晴らしく、それだけで奇跡と言えましょう。 大切な父母から頂いた貴重な体の遺伝子を次の世代につなぐためにも自分だけではなく周りの事を考えれるような素晴らしい男性でいてほしいものです。 最終的に、ゼファルリンを使う最大の理由は、子孫を残したいという欲求なのです。

 

ゼファルリンの公式サイト詳細はこちら

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*